鹿島槍スーパーバーティカル運営

今年発足させた長野県スカイランニング協会(代表は私です)主催の鹿島槍スーパーバーティカルというレースを11/29に実施しました。この大会は、スカイランニング北信越選手権VK(バーティカルキロメーター)部門とスカイランニング長野シリーズ第4戦(最終戦)を兼ねておりました。

本来は4月に実施するはずでしたが、新型コロナによる緊急事態宣言の影響で延期して実施したものです。参加者数が55名と小規模に開催せざるをえませんでしたが、協会の初主催レースとして成功させられたことは組織にとって大きな自信となりました。

早速次回の予定も決定しまして、2021年4月10日(日)に開催予定です。

今年は主催レース1本というのも大きなトピックでしたが、前述のとおり、スカイランニング北信越選手権VK(バーティカルキロメーター)部門とSKY(スカイ)部門、またスカイランニング長野シリーズも当協会が主管しました。主催レースはもちろんですが、他団体が行う既存レースとの連携を密にして、シリーズ戦や選手権も盛り上げていければと考えています。

協会員の皆様とともに成長し、次はもっと多くの方に参加してもらえるように頑張ろうと思います。

(趣味の領域の話ですが、やっていることはほぼ仕事の領域です(笑))

長野県スカイランニング協会

鹿島槍スーパーバーティカル
北信越選手権(VK)高村・枝元が優勝―鹿島槍スーパーバーティカル―
2020長野シリーズ、小田切と小林が初代チャンピオン!

北大経済学部卒。メガバンクに入社するも決まったレールの上を歩くことに馴染めずに1年半ほどで退社。テレマーケティング会社でのオペレーター経験を経て、外資系損害会社で約10年にわたりコールセンターや事務センターの構築・運営に従事。2015年に長野県大町市に引越し、LODEC Japan合同会社にてゲストハウス運営管理や経理業務などを経験後、2017年に当社を設立し、個人での活動を開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP